ゲゲゲの調布になる 原画展や昭和生活展開催へ


ゲゲゲの調布になる 原画展や昭和生活展開催へ

 来春に放映が始まるNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の舞台となる東京都調布市が、漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげるさんをテーマにした事業を展開する。水木さんの原画展や、夫妻が新婚生活を送った市内の昭和三十〜四十年代を紹介する「昭和生活展」も企画。市は「調布を全国的にPRし、地域振興につなげたい」としている。 
東京新聞:ゲゲゲの調布になる 原画展や昭和生活展開催へ:社会(TOKYO Web)


水木先生と鬼太郎たちがまた新たな地域振興に貢献?(笑)

たしかにNHK連続テレビ小説の舞台になるってことで、
「調布を全国的にPRし、地域振興につなげたい」って気持ちはよく分かります。

でも、ただこれがいいチャンスっていうだけの安易な考えで
水木先生や鬼太郎たちを利用してやろう、程度のことでは

境港市の二番煎じにもならないかもしれません。

もう、妖怪王国(笑)に徹してしまった境港市の上を行くためには、

地域住民もまきこんだ大きな運動にしてしまう覚悟か、

それとも相当斬新な企画か、

いずれにしろちょっとしたイベントをやったり

ちょっとしたモニュメントを作ったり、程度のことでは、

ただの税金の無駄遣いにしかならないと思います。

果たして、調布市、どれだけの覚悟があるんでしょうね。


まあ、期待してみていましょうか?


ゲゲゲの女房:向井理が水木しげる役に


 NHKは18日、女優の松下奈緒さん(24)主演の来春の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の水木しげるさん役に、俳優の向井理(むかい・おさむ)さん(27)を起用すると発表した。向井さんは会見で「今までにはない緊張感を覚えています。水木さんもご健在で、いままでとは違うプレッシャーがある。松下さんの相手役に選んでいただけると思っていなかったのでびっくりした」と意気込みを語った。
ゲゲゲの女房:向井理が水木しげる役に「猫娘が好き」 松下奈緒主演、NHK朝の連ドラ(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)


そろそろ連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が決まり始めたようですね。

向井理って俳優さんはほとんど知りませんでしたが(笑)

写真を見る限り、なかなかさわやかな笑顔の好青年、のようです。


松下奈緒さんとのコンビ、期待できそうですね。


しかし・・・

水木先生、こんなにかっこよかった?

なんて(爆)

失礼!