妖怪たち ざしきわらし特集A日本ぐるぅり妖怪めぐり


妖怪たち ざしきわらし特集A日本ぐるぅり妖怪めぐり

先日、ざしきわらしの宿『緑風荘』が全焼したという、残念な
ニュースがありました……。「妖怪たち」のカテゴリを利用して
ざしきわらしを特集解説します!

〔鬼太郎と行く 日本ぐるぅり妖怪めぐり(著・水木しげる)より〕

【岩手県】ざしきわらし
生息地:家の中
 
 東北地方の、家の中にいる子供の姿をした妖怪。これが家の
中にすみついている間は栄えるが、いなくなると家が貧乏になると
いわれている。
 ざしきわらしのいる家は、寝ていると、うなされたり、布団の位置を変えられたりする。家の主人でさえ見ることはあまりなく、逆に姿をあらわしたときは、もうその家から去ってしまうときのようで、知らない子供を家の中で見たら、家が貧乏になったという話がたくさんある。


鬼太郎と行く日本ぐるぅり妖怪めぐり 著・水木しげる
鬼太郎と行く日本ぐるぅり妖怪めぐり (ワンダーライフスペシャル)
水木 しげる
小学館
売り上げランキング: 270971
おすすめ度の平均: 4.0
4 ちょっと現代風
4 子どもの妖怪教育に!!
4 むかし妖怪が好きだった人に


妖怪たち 『ざしきわらし』特集@Wikipedia百科事典


妖怪たち 『ざしきわらし』特集@Wikipedia百科事典

先日、ざしきわらしの宿『緑風荘』が全焼したという、残念な
ニュースがありました……。「妖怪たち」のカテゴリを利用して
ざしきわらしを特集解説します!


〔Wikipedia百科事典より抜粋〕
 座敷童子(ざしきわらし)は、主に岩手県に伝えられる精霊的な存在。
座敷または蔵に住む神と言われ、家人に悪戯を働く、見た者には幸運が訪れる、
家に富をもたらすなどの伝承がある。柳田國男の『遠野物語』や『石神問答』など
でも知られ、『遠野物語』には17話・18話に「ザシキワラシ」または「座敷ワラシ」の
表記で話が掲載されており、「この神の宿りたまふ家は富貴自在といふことなり」
「ザシキワラシは座敷童衆なり」と記述がある。近年では、座敷わらしに会える宿
として岩手県の「緑風荘」「菅原別館」「わらべ」などがテレビ番組や雑誌に取り
上げられることでも知られている。

 一般的には、赤面垂髪の5、6歳くらいの小童というが、年恰好は住み着く家ごとに
異なるともいい、下は3歳程度、上は15歳程度の例もある。髪はおかっぱ、または
ざんぎり頭。性別は男女両方が見られ、男の子は絣か縞の黒っぽい着物を、女の子は
赤いちゃんちゃんこや小袖、ときには振袖を着ているという。
はっきりとした姿がわからないために、性別が不明な場合もあるという。
男女2人など複数が家に住み着いていることもある。黒い獣のような姿、
武士のような姿といった伝承もある。



ぬらりひょん


ぬらりひょんは、日本の妖怪。漢字表記は滑瓢。ぬうりひょんとも。古典の妖怪画に老人姿で描かれたものと、岡山県に海坊主の一種として伝承されているものがある。
『化物づくし』『百怪図巻』などの古典の妖怪絵巻に、特徴的な形状をした禿げ頭で、上品な着物もしくは袈裟の姿の老人として描かれている。

名称の「ぬらり」は滑らかな様子、「ひょん」は奇妙な物や思いがけない様子を意味し、転じて「ぬらりひょん」の名は、ぬらりくらりとつかみどころのない妖怪とされる。浮世草子『好色敗毒散』には、顔のない鯰のような妖怪が描かれ、「その形ぬらりひょんとして、たとえば鯰に目口もないようなるもの、あれこそ嘘の精なれ」と述べられており、瓢箪鯰のようにとらえどころのない妖怪、またはのっぺらぼうの一種とする解釈もある。

鳥山石燕の『画図百鬼夜行』では傍らに辻駕籠が描かれているが、これは乗り物から降りることを「ぬらりん」と言ったことから、ぬらりひょんを辻駕籠の中から現れた遊里通いの放蕩者として描いたものである。


近年の妖怪関連の文献ではおおむね、この妖怪画もしくはその模写画を挙げ、ぬらりひょんの特徴を以下のように挙げている。

忙しい夕方時などに、どこからともなく家に入ってきて、お茶を飲んだりするなどして自分の家のように振舞い、人間が見ても『この人はこの家の主だ』と思ってしまうため、追い出すことができない。妖怪の総大将ともいわれる。
ただし、これらのような特徴は伝承資料上では確認されておらず、一次出典となる古典などの資料も発見されていない。


家に入って来るという説について妖怪探訪家・村上健司や妖怪研究家・多田克己は、作家・佐藤有文の著書『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』に「年の暮れで多忙な家に勝手に上がりこんで座り込む」と記述されたものを原典とし、これを創作と指摘している。山田野理夫の著書『おばけ文庫』によれば「和歌山県の山中に住む妖怪で、山家が忙しい日暮れ時に人家に現れる」とされるが、やはり多田により創作と指摘されている。

また総大将との説についても、村上健司や多田克己により、民俗学者・藤沢衛彦が著書『妖怪画談全集 日本篇 上』で「怪物の親玉」と解説したことで生まれた設定であり、単に絵から推測した創作に過ぎないと指摘されている(が、『ゲゲゲの鬼太郎』に主人公・鬼太郎の宿敵として登場したこともあって、総大将としてのイメージの方が有名となっている)。


岡山県の伝承では、ぬらりひょんは海坊主に類するものとされ、瀬戸内海に浮かぶ人の頭ほどの大きさの球状の妖怪で、捕まえようとすると沈んだり浮かんだりを繰り返して人をからかうという。カツオノエボシやタコクラゲのような大型クラゲを妖怪視したものともいわれる。

ぬらりひょん - Wikipedia より引用




ぬらりひょんと言うと『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』での緒形拳さんのイメージが圧倒的です。

名優の最後の熱演。合掌。


それにしても、上に長く引用した文章を読んでもぬらりひょんと言う妖怪がどんな妖怪なのか、伝えられる文献などからは今ひとつはっきりしたことがわからない感じのようです。

結局、ぬらりひょんを有名にしたのは、「ゲゲゲの鬼太郎」の功績(?)が圧倒的、と言うことですね。

水木しげる氏の創造力の産物、と言うところでしょうか。


妖怪の総大将が、瓢箪鯰のようだったりのっぺらぼうの一種、では何だかがっかりですし、海面を沈んだり浮かんだりを繰り返して人をからかう海坊主に類するもの、でもちょっとイメージにそぐわない感じですね。

やっぱりアニメの「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくるぬらりひょんこそ本物(?)のぬらりひょん。


そして実写版でアニメとの違和感を感じさせなかった緒形拳さんは、

やはりすごかったのですね。