人気妖怪の自販機登場 売上金で観光支援


人気妖怪の自販機登場 売上金で観光支援


 鳥取県境港市観光協会主催の妖怪人気投票でベスト10に選ばれた妖怪を描いた飲料水の自動販売機が同市内に設置されることになり十六日、夢みなとタワー(同市竹内団地)で除幕式があった。「境港市観光支援自販機」として、売上金の二割が同協会の観光振興費に充てられる。
人気妖怪の自販機登場 売上金で観光支援 - NetNihonkai-日本海新聞



妖怪自動販売機?(笑)

妖怪を販売するわけじゃないですよね(笑)

でも、たった一つだけのオリジナル自販機、と言うのは面白いですね。

地図を片手に10台探し当てる、と言うのも楽しみになるかも、ですね。

妖怪人気投票ベスト10の自販機を探して、記念写真!(笑)

境港観光の目玉がまたひとつ。

(目玉おやじの自販機はあるのかな(笑))

目指せ「妖怪博士」 鳥取・境港で検定


目指せ「妖怪博士」 鳥取・境港で検定

 あなたも「妖怪博士」に−。「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家水木しげるさんの出身地、鳥取県境港市で、妖怪の知識を試す「境港妖怪検定」の申し込みが9月1日から始まる。昨年に続き2回目で、今回は難問を増やした「中級」を新設した。

 申し込みは10月15日まで。検定は11月18日に行われる。

 境港市の商工会議所と観光協会が主催。約30体の妖怪の名前や特徴など50問を出題し、100点満点で70点以上を取れば「妖怪博士」に認定する。観光協会は「早めの勉強が合格の秘訣」と参加を呼び掛けている。

目指せ「妖怪博士」 鳥取・境港で検定


70点で「妖怪博士」になれるのかぁ。

70点なら・・・もしかして。

いやっ、私は無理だと思いますけどね(笑)

でも、うちの子なら、もしかして、なんて。


自信のある方、チャレンジしませんか?

「妖怪博士」になったら・・・


自慢できます(笑)



チャレンジしよう、と言う方、
詳しくは、こちら
  ↓
境港 妖怪検定公式ホームページ

妖怪たちが東海道を旅歩き 妖怪道五十三次展


妖怪たちが東海道を旅歩き 妖怪道五十三次展


「妖怪道五十三次」と言うのは、歌川広重の「東海道五十三次」

もし妖怪達が旅したら、というアイデアで、

水木しげるさんが2年がかりで製作したのだそうです。


広重の元になった版画の下に鬼太郎ファミリーを始めとした水木作品の妖怪達が登場する水木さんの版画が並べられるという形で展示されています。

動画でちょっと見ただけですが、
江戸時代の宿場の風景に鬼太郎ねずみ男、他さまざまな妖怪達が描かれ、
ユーモラスでちょっと怖くて、それに味わいのある作品に仕上がっているようですね。

これは側でじっくり見たいね。



妖怪たちが東海道を旅歩き 妖怪道五十三次展
愛知県豊橋市にて開催中 9月2日まで


こちらに動画による案内があります

http://www.47news.jp/AI/200708/AI-20070813-0041328.html