「食のみやこ鳥取プラザ」東京に開店!


「食のみやこ鳥取プラザ」東京に開店!

鳥取県の特産品を首都圏に売り込むアンテナショップ「食のみやこ鳥取プラザ」が二十九日、東京・新橋にオープンし、 同県出身の著名人らも応援に駆けつけ、情報発信拠点の完成を祝った。

 オープニングイベントには、境港市出身の漫画家・水木しげるさんや、倉吉市出身のサックス奏者・MALTAさんらが出席。 くす玉を割り、ムードを盛り上げた。

山陰中央新報 - 東京で「食のみやこ鳥取プラザ」開店


東京、新橋に「食のみやこ・鳥取ぷらざ」がオープンしたそうです。

「食のみやこ・鳥取ぷらざ」?

あっ、鳥取県直営のアンテナショップなんですね。

ということで、オープニングイベントには鳥取県知事がホスト役。

妖怪達もたくさんいますねぇ。

さすが、妖怪王国、鳥取!(笑)

水木先生も相変わらずお元気そうです。

この方は妖怪を超えてるかも、ね(笑)

 


「食のみやこ・鳥取ぷらざ」について、はこちらをどうぞ。

食のみやこ鳥取プラザ-鳥取県東京アンテナショップ/ とりネット/鳥取県公式サイト

 

映画「ゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌」のDVD化の情報はまだ・・・のようです。

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 - 公式ブログ

 

 


鬼太郎ブームの先取りは妖怪の楽園で!?


今年のゴールデンウィークは境港に注目

 いよいよゴールデンウィーク直前である。休日の予定はお決まりだろうか?
 今年は飛び石連休という事もあり、国内旅行を考えている人も多いかもしれない。実際に成田空港の出国者数は4.8% 減と予想されているそうだ。

 国内旅行の行き先を決めかねている人にお勧めしたいのが境港。鳥取藩台場跡や“西東のゴヨウマツ”などの指定文化財に加え、 今年でアニメ化40周年記念を迎える『ゲゲゲの鬼太郎』のブームが再燃し「水木しげる記念館」や「水木しげるロード」が注目されている、 日本海を望む港町である。
 中でも世界に境港しかない妖怪のテーマパーク「ー水木しげるーゲゲゲの妖怪楽園」はリニューアルを終えたばかりで、 新アトラクションの「3Dびっくりサウンドシアター 妖怪島(有料)」に加え、ここでしか手に入らない限定グッズも発売されている。

 7月には“しょこたん”も登場する劇場作品『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』が公開されるのに加え、12月には劇場版アニメ作品 『劇場版ゲゲゲの鬼太郎/日本爆裂!!』も上映予定とあって、鬼太郎人気のヒートアップは必至。ブームをちょっと先取りしたいならば、 境港が気になるのではないだろうか?

鬼太郎ブームの先取りは妖怪の楽園で! ?:PRONWEB WATCH:News Digest

境港市からは目が離せません(笑)

街ごと妖怪楽園化しつつありますから(笑)

しかし、市をあげて、言うか県をあげてこれだけ徹底していけるのは凄いことですね。

もう水木しげるさんは鳥取県、境港市にとっては神様、でしょうね。

今年はこれからどんな風に展開していくのかな?

ほんと、境港市からは目が離せません(笑)

 

そうそう、鬼太郎と言えば、

これ、もうすぐ発売。

墓場鬼太郎 第一集 (初回限定生産版)
角川エンタテインメント (2008-04-23)
売り上げランキング: 41
おすすめ度の平均: 4.5
5 怖いのに癒される・・・気がする
5 ゲゲゲの鬼太郎よりはるかにいい
5 なぜかはまる
5 面白い
5 TVでやってくれるとは!

 

 

墓場鬼太郎 第二集 (初回限定生産版)
角川エンタテインメント (2008-05-21)
売り上げランキング: 232
おすすめ度の平均: 5.0
5 「ゲゲゲ」なんて目じゃねぇって

 

 

 

 

 


鬼太郎商店:妖怪パワーちょうだい 菓子や洋服などグッズ満載、JR鳥取駅に /鳥取


鬼太郎商店:妖怪パワーちょうだい 菓子や洋服などグッズ満載、JR鳥取駅に /鳥取

 鳥取市のJR鳥取駅構内に1日、境港市出身の漫画家、水木しげるさん(86)の「ゲゲゲの鬼太郎」 に登場する妖怪たちのグッズを販売する土産物店「鬼太郎商店」が開店した。 平文人店長(47)は「境港の妖怪パワーを鳥取にも」 と意気込んでいる。

鬼太郎商店:妖怪パワーちょうだい 菓子や洋服などグッズ満載、JR鳥取駅に /鳥取 - 毎日jp(毎日新聞)

 

妖怪グッズが500点から600点だって。

妖怪ファン、鬼太郎ファンにはたまらないお店ですね。

境港に続いて鳥取でも。

いよいよ鳥取県全域妖怪の国になっていきそう(笑)

一度は、鳥取、米子、境港に遊びに行きたいですね。

時間をとってじっくり歩きたいなぁ。