夜叉ってこんな姿?「ゲゲゲの鬼太郎」で韓国スター、ソ・ジソブが演じる妖怪のイメージ


夜叉ってこんな姿?「ゲゲゲの鬼太郎」で韓国スター、ソ・ジソブが演じる妖怪のイメージ


 2007年に公開され、スマッシュヒットを記録した映画『ゲゲゲの鬼太郎』。その続編である映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 が7月12日に公開される。前作で鬼太郎を演じたウエンツ瑛士をはじめ、 大泉洋や田中麗奈など豪華俳優陣が前作に続き魅力ある妖怪を演じる一方、敵役である妖怪“夜叉(やしゃ)”を演じるのは、 何と韓国スター、ソ・ジソブだ。

 夜叉とは古代インド神話に登場する鬼神だが、水木しげるの漫画「ゲゲゲの鬼太郎」では頭髪だけの体の化物として描かれ、 宿主となる人間の頭部に髪の毛としてとりつき、その人間を操ってほかの人間の魂を食べるという妖怪。 そんなインパクト大な妖怪を演じるのが韓国テレビドラマ「ごめん、愛してる」でブレイクしたイケメン俳優、ソ・ジソブだ。
livedoor ニュース - 夜叉ってこんな姿?「ゲゲゲの鬼太郎」で韓国スター、ソ・ ジソブが演じる妖怪のイメージ  

かっこいい「夜叉」、になりそうですね。

いよいよ映画の完成が楽しみです。

ウェンツVSソ・ジソブ

胡弓(こきゅう)型の仕込みギター、ってどんなものでしょうね。

 

ともかく、

映画の完成が楽しみです、ね。

 

応援クリック、よろしく、ネbanner_03.gif


ウエンツの鬼太郎、前作より頼もしくなって、よりダークに!撮影現場公開!


ウエンツの鬼太郎、前作より頼もしくなって、よりダークに!撮影現場公開!


昨年のGWに公開され、興行収入が20億円を超えるヒットとなった実写映画版『ゲゲゲの鬼太郎』。あれから1年、装いも新たに第2弾の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』が製作されることとなり、撮影現場が公開された。

 折しも、今年はテレビアニメ版「ゲゲゲの鬼太郎」が40周年を迎えたことから、現在、昼間には「ゲゲゲの鬼太郎」、そして深夜には、シリーズの原点に立ち返ったテレビアニメ「墓場鬼太郎」の2本のテレビアニメが放映されるなど、“鬼太郎YEAR”として盛り上がりを見せている。

 『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』には、ウエンツ瑛士、田中麗奈、大泉洋、間寛平、室井滋ら主要キャストが再集結したほか、緒形拳、寺島しのぶ、萩原聖人、佐野史郎、笹野高史といったベテラン演技派俳優が新たに参加。ヒロインには、先日行われた第31回日本アカデミー賞にて優秀新人賞を受賞した、北乃きいが決定。そして、物語の鍵を握る妖怪・夜叉には、韓国の有名俳優がキャスティングされ日本デビューを飾る。人間と妖怪の許されざる恋が招いた悲劇をめぐって、前作よりさらにダークでアクション性の高いストーリーが展開するという。


Yahoo!映画 - ニュース <ウエンツの鬼太郎、前作より頼もしくなって、よりダークに!撮影現場公開!>



ゲゲゲの鬼太郎実写版第2弾

タイトル
『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』

全国公開が7月12日(土)

だんだん具体的な情報が増えてきましたね。

でもまた一つ?

夜叉の役の韓国の有名俳優、って誰だろ?

う〜ん。・・・(笑)

眠れないぞ(なんて・・(笑)ウソ、だけど(笑))


原作のイメージをどれだけ実写で再現できるか。

ダークでアクション性の高いストーリー?

ともかく楽しみですね。


こちらで予告の映像も(まだ少し、ですが)見れます!
     ↓
映画「ゲゲゲの鬼太郎」公式サイト


鬼太郎ウエンツ今夏続編決定!


鬼太郎ウエンツ今夏続編決定!

 WaTのウエンツ瑛士(22)主演で昨年4月に公開され、人気妖怪漫画の初の実写映画化として話題を呼んだ「ゲゲゲの鬼太郎」の続編が製作されることが6日、分かった。

 今回も鬼太郎(ウエンツ)をはじめ、ねずみ男(大泉洋)、猫娘(田中麗奈)、子なき爺(間寛平)、砂かけ婆(室井滋)ら鬼太郎ファミリーが勢ぞろい。前作でヒロインの人間役を演じた井上真央(20)は出演しないが、その分、新たな妖怪が続々と登場。


 鬼太郎の強敵「ぬらりひょん」役を緒形拳(70)が演じるほか、「濡れ女」役に寺島しのぶ(35)、「蛇骨婆」役に佐野史郎(52)、「井戸仙人」役に笹野高史(59)と、豪華な俳優陣が特殊メークで妖怪姿を披露する。

鬼太郎ウエンツ今夏続編決定!豪華俳優陣があの妖怪に大変身(サンケイスポーツ) - goo ニュース


えっ、佐野史郎が「蛇骨婆」(笑)

緒形拳の「ぬらりひょん」、寺島しのぶの「濡れ女」・・・かなり豪華配役です。

で、寺島しのぶと萩原聖人の“許されざる恋”

見所満載、って感じですね。

水木しげる氏の「しつこくて、ウレシイ」ってコメントもなんとも、らしいというか(笑)


大人向けに、と言うことだけど大人が本気で作った物は必ず子供も楽しめるはず。

むしろ原作がコミック、なんて言う意識を完全に抜いて本気の作品にして欲しい物です。

そうすれば必ず前作以上のヒットになると思う。



ねずみ男、大泉洋も頑張って、ね(笑)