YAHOO!動画ゲゲゲの鬼太郎(第4作)第1話『妖怪!見上げ入道』


YAHOO!動画ゲゲゲの鬼太郎(第4作)第1話『妖怪!見上げ入道』

 小学生の村上祐子の通う小学校の近くにある入道沼の工事が
本格的になってきた。そして突然工事の作業員が消えた。村上佑子は
一陣の風が吹いて現れた大きな影に作業員がみんな吸い込まれてしまう
ところを目撃した。しかしその事実を土木工事の社長に言っても信じてくれない。
そこにいきなり、黄色い服を着た、汚い男が現れた。彼は、
『怪奇事件専門弁護士ビビビのねずみ男様』と名のる者だった。
ねずみ男が言うには、この事件は明らかに妖怪の仕業だと言う。
そして、妖怪退治にかかる費用の話を始めた。しかし社長は妖怪とか
タタリとかは信じない。社長はねずみ男を追い返した。
 その後、村上佑子が消えた。同級生の谷木と鈴木は前に佑子が話してた
妖怪ポストの話を思い出た。そこに手紙を入れると『ゲゲゲの鬼太郎』が
やってきて助けてくれるらしい。早速手紙を出すことにした。
そして三日後。谷木と鈴木の前にカランコロンと下駄の音と共にゲゲゲの鬼太郎
が現れた。鬼太郎目玉の親父の指示で行動を開始した。
 また工事が再開した。またもやねずみ男がやって来て、
『今なら半額にしても良い』『もっと非害は大きくなる、お互いの利益のため』などと
言って金もうけをしようとする。そこに・・・一陣の風が吹き、作業員が吸い込まれ
社長は落ちてきたトラックの下敷きになった。そして、妖怪が姿を現した。社長は
もうどうにもならなくなり、気がコロッと変わって、ねずみ男に頼った。が、その妖怪
ねずみ男も社長もみんな吸い込まれた。
鬼太郎が助けに来たが遅かった。
『ふん?入道沼といえば、昔、偉い坊さんに封印されたという、
 ・・見上げ入道!お前じゃな。』
鬼太郎目玉の親父、お前たちが来るとはな・・』
見上げ入道は風を自由に操れる。鬼太郎の髪の毛針だって、吹き飛ばしてしまう。
ついには鬼太郎も吸い込まれた。谷木と鈴木が逃げているところを妖怪ぬりかべ
が助けてくれた。そこにねこ娘砂かけばばあ子泣きじじいが助太刀に来た。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
見上げ入道鬼太郎のチャンチャンコで口をふさがれ、膨れ上がった腹を針で
さされて破裂。その後、『見上げ入道、見越した!』の呪文で封印された。

YAHOO!動画ゲゲゲの鬼太郎(第4作)第1話『妖怪!見上げ入道』



Yahoo ! 動画で視聴。ゲゲゲの鬼太郎


Yahoo ! 動画で視聴。ゲゲゲの鬼太郎


@おばけナイター(白黒映像)

少年野球チームと妖怪野球チームが試合をする。

登場妖怪
百目坊や・・子犬みたいな体つきで、百目状態になっている。
つるべ火
きばぐるい・・野球の妖怪チームでは、キャッチャー。ピッチャーは鬼太郎。
どざえもん(?)・・ 
  ほか・・
<声優>
鬼太郎  野沢雅子
父親   田の中勇
  ほか・・


A妖怪復活(カラー映像)

鬼太郎が晴耕雨読の生活をしていると、ねずみ男は猫娘から話を聞く。
妖怪・泥田坊は口から泥を吐きまくり、猫娘は必死に石を投げつける。

<声優>
鬼太郎  野沢雅子
父親   田の中勇
ねずみ男  大塚周夫
⇒ねずみ男の服の色はグレー。
猫娘  小串容子
  ほか・・


B謎の妖怪城(ようかいじょう)出現 !!(カラー映像)

主題歌を歌っているのは、吉幾三。
ねこ娘は、出演していない。

登場妖怪
二口女(ふたくちおんな)・かまいたち・たんたん坊 などが出てくる。
NHKキャラのどーもくんに似ていると思う「たんたん坊」だが、ずいぶん目が大きい。

<声優>
鬼太郎  戸田恵子
目玉  田の中勇
ねずみ男  富山敬
⇒ねずみ男の服の色はグレー。
児なきじじい  永井一郎
(子泣きじじい)
砂かけばばあ  江森浩子
一反もめん  八奈見乗児
ぬりかべ   屋良有作
二口女  梨羽由記子
かまいたち  大竹宏
たんたん坊  田中康郎
アナウンサー  塩屋浩三
少女   荘真由美

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 第4作シリーズ


TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 第4作シリーズ
1996年/全114話。

華やかなヒーロー番組化しつつあった第3作シリーズに対し、第4作シリーズではより原作イメージの忠実な映像化に努める方向になりました。その一方で、映像化にあたり原作のあるエピソードの多くが大胆に改変されているのも特徴です。改変の度合いは3作目よりも大きく、原作エピソードの原型を止めないほどに手が加えられた物語も多くあります。
水木しげるが第4作シリーズ製作に対して付けた注文は「宮崎アニメのように作って欲しい」(3作目のムック本で水木は「風の谷のナウシカ」の様な色彩にして欲しいとコメントしていました)と言うことでした。

鬼太郎の性格も、第3作シリーズの純ヒーロー的なキャラクターから、ほのかに陰気さを漂わせている原作風の個性が復活しています。

一方ねずみ男は、衣のカラーがアニメシリーズで初めて原作と同じ黄土色になりました。また声優の千葉繁の影響もあってか、江戸っ子を思わせる破天荒な台詞回しが目立ち原作では考えられないほどに人情味溢れる部分が多く描かれています。そのためねずみ男が中心のエピソードでは感動的な話が続出しています。(もっともやはりねずみ男らしくせこい悪事を働く話も多いわけですが(笑))

ねこ娘は、どちらかというとセクシー系だった前作から一転し、歴代中で最もかわいい容姿となりました。

また、中盤以降では第3作シリーズでも登場したレギュラー敵役のぬらりひょんと子分の朱の盆のコンビが再登場。第96話より4話連続で繰り広げられた妖怪王編を筆頭に、何度も鬼太郎と戦いを繰り広げています。


第3作シリーズとわずか1話違いの114話の長期シリーズとなり安定した人気を得ました。