「ゲゲゲの鬼太郎」は墨絵?浮世絵?買い物袋に鬼太郎(ユニクロ「パリ オペラ店」)


世界3番目のユニクログローバル旗艦店「パリ オペラ店」に行ってみた。

ニューヨーク、ロンドンに続く世界3番目のグローバル旗艦店として、10月1日、パリに「パリ オペラ店」が大々的にオープンした。パリでは、2007年12月に試験的な店舗をオープンさせ、今年7月には期間限定店舗「UNIQLO POP UP Store」、8月には有名セレクトショップ「コレット」内にショップインショップ展開と着実にステップを上り、ついにオープンしたのが、初の本格店にして旗艦店となる「パリ オペラ店」だ。“ファッションの都”パリでユニクロは受け入れられるのか、日本だけでなく、フランスでもその注目度は高い。
世界3番目のユニクログローバル旗艦店「パリ オペラ店」に行ってみた。

パリのユニクロの買い物袋に鬼太郎?

ユニクロと鬼太郎、と言うのはなんとなくミスマッチのような気もしますが(笑)

でもフランスでは昔から浮世絵や水墨画が人気のようですし

鬼太郎の雰囲気や水木しげるさんの画風は、フランス人のイメージする「日本」にぴったりなのかもしれませんね。

(それと「キャプテン翼」は相変わらず人気なんですね。)

それはともかく、

この記事に書かれていた、「“みんなと同じ”ではなく“みんなと似ているけれど違う”」と言うコンセプトは興味深いですね。

日本人は昔から「みんなの違う」と言うのを嫌う、と言うか怖れるようなところがあると思います。

それが欧米人から見ると、みんな同じに見えてしまう、と言うことになっているのでしょう。

しかし中国などが高度成長してきた今、
これから日本の高い技術力や日本人の持つ繊細な感性を生かして行くには、

「“みんなと同じ”ではなく“みんなと似ているけれど違う”」

これ、重要なキーワードになるのではないでしょうか。

考えてみると、

江戸時代から、日本の伝統文化の中に「粋」という考え方があります。

まわりの雰囲気とあまりにかけ離れた物は、

格好の善し悪しにかかわらず、

野暮、なのです。

周りに溶け込みながらもさりげなく、

それでいてスマートに。

“みんなと似ているけれど違う”

これこそ、日本人の持ち味を一番生かせる道かもしれません。




境港の鬼太郎村おこし 陸海空の妖怪化が完成?


米子空港:鬼太郎空港、海から応援 隠岐汽船フェリーにキャンペーンシール /鳥取

 米子空港を全国にアピールするため「米子鬼太郎空港」の愛称化キャンペーンを進めている境港市観光協会は30日、境港市−島根県・隠岐を結ぶ隠岐汽船にキャンペーン用のシール(長さ60センチ、幅20センチ)20枚を贈呈した。さっそくフェリーの船内に張られ、鬼太郎空港化に向け海から応援することになった。
米子空港:鬼太郎空港、海から応援 隠岐汽船フェリーにキャンペーンシール /鳥取 - 毎日jp(毎日新聞)


おおっ、ついに空港の名前にまで鬼太郎が!(笑)

陸海空の妖怪化が完成します、だって(笑)

ほんとすごいスピードで進んでいく鳥取、境港の妖怪王国化。

地域振興、村おこし、っていろいろな取り組みがあるけど、

この境港の鬼太郎村おこしの徹底ぶりはすごい。


何かを利用して、話題作りを、ってやり始めるからにはこれくらい徹底しなければ意味がないってことかも。

これはある意味貴重なモデルケースになりそうです。


中途半端な覚悟では、いい結果は得られるはずもないわけで、

色々考えている各地の自治体や観光協会などは、
これは研究価値ありそうですね。



「プチョン際漫画フェスティバル」て鬼太郎が鳥取県のPR


韓国・プチョン市で、23日から始まった韓国最大級のマンガ博覧会、「プチョン際漫画フェスティバル」に、日本の自治体としては唯一鳥取県が出展しています。

鳥取県は、「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんや「名探偵コナン」の青山剛昌さんなどの漫画家の出身地ということもありますし、境港市の「水木しげるロード」などマンガを生かした観光地作りが成果を上げつつあると言うこともあるのでしょう。

世界各国の漫画家などが集まる国際会議、「国際マンガサミット」を平成24年に誘致する活動も始めています。

会場では鬼太郎たちも(?)鳥取県の担当者と一緒に「水木しげるロード」などを紹介したパンフレットを配るなどして、鳥取県を一生懸命PR。

さて、これで韓国からもお客さんがどっと・・・かな?(笑)



「プチョン国際漫画フェスティバル」は、今月27日まで開かれ、およそ10万人が訪れると見込まれているそうです。



鳥取県の名産品、「鬼太郎」の他には?

美味しい物いっぱいあります!!