本当にいたかもしれない妖怪B『浪小僧』『夜泣き石』『清姫』『世界遺産の姫路城と妖怪』


本当にいたかもしれない妖怪B『浪小僧』『夜泣き石』『清姫』『世界遺産の姫路城と妖怪』

浪小僧〜静岡県舞阪町には浪小僧の石像がある。浪小僧は波の音
で人間に天気を教える妖怪。この石像は浪小僧に親しむ地元の人たちが
つくったものだ。

夜泣き石〜江戸と京都を結ぶ東海道にいくつかある難所の一つ、
小夜の中山ある、夜になると悲しい泣き声を出す、不思議な石、
これが夜泣き石。その夜泣き石は今でも残されている。

清姫〜清姫の出身地は、伝説では、和歌山県中辺町の真砂。
ここには清姫の墓というものが残されている。

世界遺産の姫路城と妖怪〜姫路城には妖怪に関係したところが二か所ほどある。

一、ニノ広場にある お菊井戸。 この井戸は、宝物の皿を割ってしまった、お菊さんが、殺された後に投げ入れられた井戸である。

二、天守閣にまつられている、『おさかべ姫』のほこら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9048391

この記事へのトラックバック