妖怪の理妖怪の檻 京極 夏彦


妖怪の理妖怪の檻 (怪BOOKS)
京極 夏彦
角川書店 (2007/09)
売り上げランキング: 40688
おすすめ度の平均: 4.0
4 妖怪研究の連載が単行本化


古くから言い伝えられ、人々に怖がられたり親しみを持たれたりする存在だった「妖怪」

幽霊と妖怪を分けて定義した民俗学の柳田国男による研究、妖怪を漫画、アニメのキャラクターとして登場させ「妖怪ブーム」を作った水木しげる(と彼に続く漫画家たち)の妖怪キャラクター生成システムなど、

自らも妖怪ブームの立役者の一人と目されデビュー以来妖怪の登場するベストセラー作品を生み出している京極夏彦による考察。

読み応えあります。

「妖怪」について関心のある方なら、見逃すことは出来ない

妖怪研究必読書、です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6437338

この記事へのトラックバック