不幸な顔をした人たちは・・・ 水木サンの幸福論


 不幸な顔をした人たちは、
「成功しなかったら、
人生はおしまい」
と決め込んでいるの
かもしれないネ。

 水木しげる『水木サンの幸福論』(角川文庫)より



人生において、成功するかどうかは大きな問題では無いのかもしれない。

と、言うより

何もやらないでいれば、失敗もしない代わり、成功もしない。


水木さんの言う「成功しなかったら、 人生はおしまい」と決め込んでいる人たちと言うのは、

きっと、失敗したくないからチャレンジもしない人たちに違いない。



売れない漫画家だった水木さんが「ゲゲゲの鬼太郎」で大きな成功を収めたのも、

成功するとか失敗するとかは関係なく、

人一倍、描き続けたからだろう。


成功する確信なんて無かったに違いない。


誰からなんと言われようと、

自分の作品を作り続けたことが、結果として人を動かした。



何もせずに後悔するくらいなら、やって後悔した方がずっとまし。


失敗ばかりの人生だって、

そう悪い物でも無いだろう。


失敗もしない代わり、何もチャレンジもしなかった人生は

きっと後悔と淋しさだけ残るのでは無いか。



あなたは、どちらを選ぶ?



水木サンの幸福論 (角川文庫)
水木 しげる
角川書店
売り上げランキング: 109,736



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。