八岐大蛇に雪女。水木しげるロードに新たに11体の妖怪ブロンズ像


境港市の水木しげるロードに新たに11体の妖怪ブロンズ像が設置され、26日、完成披露式があった。これにより水木しげるロードのブロンズ像は先月設置された水木しげる記念館内の「鬼太郎の家」の3体を含め153体になった。

11体の妖怪ブロンズ像は境港市観光協会(桝田知身会長)が、一体100万円で全国からスポンサーを公募し、完成したブロンズ像を市に寄付した物。ブロンズ像の高さは約30pで、長黒石の台座を含めると約120pある。


新しくブロンズ像が造られた11の妖怪

◍八岐大蛇(やまたのおろち)
日本神話に登場する8つの頭と8本の尾を持った巨大な怪物

◍たにぐく
古事記に出てくる、美保関のヒキガエルの妖怪

◍井戸の神
井戸や泉を守護する神

◍うぶめ
日本の妊婦の妖怪である。憂婦女鳥とも表記する。

◍夜行さん
「夜行日」(やぎょうび)と呼ばれる物忌みの晩に、首の無い馬に跨って人里を徘徊すると言うひとつ目の鬼。

◍のっぺらぼう
外見は普通の人間だが、顔には目も鼻も口もない日本の妖怪

◍雪女
雪の妖怪

◍くだん
半人半牛の姿をした怪物

◍隠神刑部狸(いぬがみぎょうぶたぬき)
伊予国松山に伝わる化け狸

◍貧乏神
取りついた人間やその家族を貧困にする神

◍シーサー
沖縄県などでみられる伝説の獣
                                                           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。