ゲゲゲの鬼太郎第25話〜第26話の妖怪


ゲゲゲの鬼太郎第25話(南チームの解説など)〜第26話の妖怪

第25話 南チームの解説
ふるそま〜大木の下敷きになって死んだ木こりの霊。

猫また〜人の手ぬぐいを盗んで、手ぬぐいを、捜しに来た、人を
ネコに変化させ、仲間を増やす。尻尾が二またに裂けている。

ひょうすべ〜もともとは人形で、その人形に命を吹き込まれ、
大工さんの手伝いをしていたが、工事が終わると川に捨てられた。
それが、妖怪ひょうすべになった。

シーサー〜沖縄の守り神。家の屋根や門の所に置かれる。

『アカマタ』『がんき小僧』については不明。

妖怪障害物競走の妖怪
風の神(風神)〜俵屋宗達の『風神雷神図』の右側にいる、
袋を持った神様。その風が農作物に被害を与えたり、人間
の体内に入って、病気の原因になるという。『カゼをひく』のカゼ
を『風邪』とかくのはこのことが由来。

クネユスリ〜クネとは、秋田のほうの方言で生け垣のこと。
クネユスリは生け垣をひどくゆする妖怪。小豆とぎ(小豆洗い)
が出る場所の近くにいるともいわれる。

妖怪樹〜小笠原のジャングルにいる、吸血妖怪。ドラキュラ博士
の親類でもある。

第26話
アマビエ〜予言がよく当たる、水の中に住む妖怪。良い予言はしない。
アマビエの姿を絵に写すと健康になるらしい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5742517

この記事へのトラックバック