別冊ボンボンゲゲゲの鬼太郎総集編 鬼太郎まんがヒストリー大公開


別冊ボンボンゲゲゲの鬼太郎総集編 
        鬼太郎まんがヒストリー大公開

PART1『紙芝居時代』
1954年
『鬼太郎』は最初は紙芝居で描かれていた。
タイトルは『墓場鬼太郎』とつけられた。
・第1作のサブタイトルは『蛇人』。鬼太郎はヘビの腹から生まれた
ヘビの化身という設定だった。
・鬼太郎が空手でライバルと戦うお話もつくれた。

PART2『貸本時代』
1960年
『墓場鬼太郎』の本格的まんが作品は、貸本専門誌『妖奇伝』
に載った『幽霊一家墓場鬼太郎』だった。
・『妖怪千物語』のまんが家ほしの竜一さんは貸本時代に鬼太郎
と出会い、内容に衝撃を受け、鬼太郎マニアとなる。


PART3『週刊少年マガジン時代』
1965年
貸本で人気を得た『墓場鬼太郎』は、『墓場の鬼太郎』と改題して
週刊少年マガジン誌上にて連載を開始する。連載1回目は
「手」という作品だった。
・アクション大作「妖怪大戦争」も誕生した。

1968年
ついにアニメ化
『鬼太郎』の最初のアニメ制作に合わせて、
『墓場の鬼太郎』から『ゲゲゲの鬼太郎』にタイトルが変わった。
日本中に妖怪ブームが巻き起こる!!


PART4『コミックボンボン時代』
1985年
1971年の2度目のアニメ化をきっかけに『鬼太郎』は少年誌から
青年誌までさまざまな雑誌に掲載される。そして、1985年の3度目
のアニメ化
の時、ボンボン初の連載作品、『最新版ゲゲゲの鬼太郎』がスタート!
・最新版ゲゲゲの鬼太郎〜妖怪総大将ぬらりひょん率いる妖怪軍団と
鬼太郎と仲間たちが対決する、バトル巨編!

1990年
’90年代の代表作『鬼太郎国盗り物語』連載!
・鬼太郎国盗り物語〜ムー帝国と戦う壮大なストーリーと、他の作品には
登場しないキャラクターが登場する必見作!

1996年
4度目のアニメ化。これほど繰り返しアニメ化される作品は『鬼太郎』だけだ。


PART5『妖怪千物語時代』
2004年
『鬼太郎』復活を望むファンの声に応えて、『ゲゲゲの鬼太郎R妖怪千物語』
が連載される。
・ゲゲゲの鬼太郎R妖怪千物語<原作/水木しげる まんが/ほしの竜一>

2007年
・第2部開始にあたり、タイトルは『ゲゲゲの鬼太郎妖怪千物語』に変わる。
5度目のアニメ化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5110426

この記事へのトラックバック