ゲゲゲの鬼太郎第19話「河童池の相撲大会」


ゲゲゲの鬼太郎第19話「河童池の相撲大会」


河童池の河童たち
ガラッパ
カンキチ
シバテン
メドチ
ネネコ


河童池が埋め立てられる事になり、怒る河童たち。
戦争で人間と戦うと言う河童たちを鬼太郎は止める。
それを聞いてシバテンは『鬼太郎は人間の見方をしている。』
と言って戦争だと言い張る。困った鬼太郎は色々と考え、
『相撲か・・・』とつぶやく。
その独り言が河童の国の村長、ガラッパを刺激させ、
相撲で決着をつける、と決定してしまう。
『ドスコーイ!!』

      本日の取組
  メドチ山      目玉の海
  ネネコ山      ネコの海(ねこ娘)
  シバテン山     ゲゲゲの海

行司   ガラッパ
**********************************

西           東
メドチ山        目玉の海

『メドチ山ーっ決まり手は水鉄砲ー』
**************************************
メドチ山        ネコの海(ねこ娘)
『ネコの海、ネコの海、決まり手は にらみだしー』
**************************************
ネネコ山        ネコの海(ねこ娘)

行司『良いのー、おなごの力士は・・・』
二人が見合っているときに行事が顔をスリスリ
してきて、怒った二人は行司を殴り飛ばして
しまい、二人とも負けになった。
***************************************
シバテン山      ゲゲゲの海

シバテン山・ゲゲゲの海  頭突き
シバテン山         上手投げ
ゲゲゲの海         持ち上げられたところでトルネードキック
ゲゲゲの海         足掛け
シバテン山         屁の河童
シバテン山         はり手
最後の一発を行司が止めた。人間の子が入ってきている
からだ。河童の国のおきてでその子が相撲をさせられる事に。
しかし土俵まで走っている途中で転んでしまう。が、一人の河童
が受け止めてくれた。その河童は眼鏡を掛けると、その子の前の
担任とそっくりだった。前の担任は相撲が大好きでいつか河童
になりたいと言っていた。 そして、その河童とシバテンが取り
組むことになった。

またもやシバテン山は、はり手、屁の河童で攻撃。
しかしその河童は屁の河童を止めた。そして二人
は押し合った。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5008334

この記事へのトラックバック