ゲゲゲの「ぬりかべ」、こんな姿? 江戸期の絵巻に登場


 水木しげるさんの人気漫画「ゲゲゲの鬼太郎」で重要な脇役の妖怪「ぬりかべ」。その元の姿が江戸期の絵巻に描かれていたことが分かった。「ぬりかべ」は各地に言い伝えがあるが、これまで絵は見当たらず、水木さんも伝承を元に創作していた。水木さんは「古い妖怪の姿が伝えられた珍しい資料。貴重な『妖怪国宝』です」と喜んでいる。

ゲゲゲの「ぬりかべ」、こんな姿? 江戸期の絵巻に登場


江戸時代の絵巻物だって。
それに、これは江戸時代の物だけど、
室町時代の絵を参考にして描いたとか。
そんな時代から書き残されてきたって、
やっばり日本人は妖怪が好き?(笑)

『妖怪国宝』って水木しげるさんの表現も面白いけど、
(さすが妖怪学校の先生!)
この、「ぬりかべ」、ゲゲゲの鬼太郎に出てくるぬりかべとは
ずいぶん感じが違うけど、
でもこの絵の感じ、水木作品のどこかにでてきても全然違和感なさそうだよね。
こんな古い絵や資料がどんどん出てくると楽しいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4958904

この記事へのトラックバック