劇場版ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争


劇場版ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争

〜登場妖怪〜
ゲゲゲの鬼太郎(声・戸田恵子
目玉親父(声・田の中勇
ネズミ男(声・富山 敬
ネコ娘(声・三田ゆう子
子泣きじじい(声・永井一郎
一反木綿(声・八奈見乗児
砂かけばばあ(声・江森浩子
ぬりかべ(声・屋良有作
フランケンシュタイン〜ぬりかべを突き飛ばすほどの力持ち。
吸血鬼ドラキュラ〜コウモリに変身できる。
魔女〜ほうきに乗って飛んでくる。
狼男〜吸血猿を部下に使っている。
吸血猿〜とりで造りの見張り役。
バックベアード〜西洋妖怪のボス。眼で相手を金縛りの術にかける。

 アキオという少年がはるか南にあるホウキボシ島から一人いかだを
こいで東京湾にたどり着いた。何か頼みがあるそうなのだ。
実はアキオの住む、ホウキボシ島が妖怪に占領されてしまったのだ。
アキオはゲゲゲの鬼太郎にその事をたのんだ。
鬼太郎は話を理解すると、オカリナを吹き、日本妖怪を集め、
ホウキボシ島に妖怪退治に行く事を言っても、西洋妖怪を怖がって
誰も鬼太郎に協力しようとしない。
ネズミ男が金をもらえることを言ってもみんな帰ってしまった。
仕方なく鬼太郎は子泣きじじい・一反木綿・砂かけばばあ・
ぬりかべを加えた8人で行く事に決める。
 島に着くといきなり魔女が飛んできた。みんながバランスを崩した所
にいかだの下からフランケンが現れいかだを砂浜に投げつけてしまう。
海岸に、西洋妖怪が集まっており、戦いが始まった。
一反木綿は魔女の首に巻きついたがドラキュラにからだを破られ
ランチマット代わりにされてしまった。
鬼太郎は寄ってたかってやって来る吸血猿を投げ飛ばした。
砂かけは、砂を連続で吸血猿にかけるが、魔女は、
ほうきで逆にすなをまき上げた。
ぬりかべとフランケンの押し合いで、ぬりかべが押し飛ばされてしまい
鬼太郎たちはその下敷きになった。最初の戦いは日本妖怪が負けた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4954643

この記事へのトラックバック