妖怪たち「古つばき」「柳ばばあ」「人面樹」・・植物系


妖怪たち「古つばき」「柳ばばあ」「人面樹」・・植物系

水木しげる◎妖怪百物語に出てくる植物系
の妖怪「古つばき」は、大きな古木に美しい
つばきの花が沢山咲いている。岐阜県のほう
では、「古つばき」は美人に化けると考えられ
エピソードも残っている。石川県では、
借金の証文に「古つばき」を預かったが・・
その後色々あってその「古つばき」を返したという。

「柳ばばあ」は、イラストで見る限りいかにも不気味。
柳といえば、枝の揺れ方は、見ようによっては化け物の
髪の毛のようでもあり・・・トーク番組で、
イイ男を柳の下において(考えて)見ると・・・・
という内容で話してる女優さんの話が面白かった。

「人面樹」・・・これは、イラストが不気味でカワイイ。
木の枝にかえでみたいな葉っぱが沢山付いていて
花は丸くて人面で、花も沢山付いている。
人面花は皆笑っていてカワイイ・・・でも、本当は
とても恐ろしい妖怪なんだよ〜〜

水木しげる 妖怪百物語
水木 しげる
小学館 (2005/11)
売り上げランキング: 60546
おすすめ度の平均: 4.5
5 これぞ水木しげるの世界
4 懐かしい!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4679692

この記事へのトラックバック