本当にいたかもしれない妖怪A 『人魚』『カニ坊主』『子泣きじじい』


本当にいたかもしれない妖怪A
『人魚』『カニ坊主』『子泣きじじい』

人魚〜鎌倉時代、いまの福岡県博多の海で、
人魚がつかまった。京都に知らせると、都の占い
では良いことの前ぶれとでて、博多の人々は喜び
海に近いお堂に人魚を埋め、そのお堂を竜宮寺
と名づけた。


カニ坊主〜カニ坊主は山梨県の長源寺に伝わる
妖怪。その伝説を描いた掛け軸が残されている。
むかしはカニ坊主の甲羅も残っていたそうだが
いつの間にかなくなってしまったらしい。


子泣きじじい〜子泣きじじいが徳島県山城町
アザミ峠に現れたことが地元の研究家の調べで分かり、
アザミ峠の近くには、子泣きじじいの石像が建てられている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4538194

この記事へのトラックバック