本当にいたかもしれない妖怪@ 『河童』『雷獣』『九尾の狐』


本当にいたかもしれない妖怪@
『河童』『雷獣』『九尾の狐』

河童〜江戸時代から続く、佐賀県伊万里市の
松浦一酒造には、先祖代々、河童の
『ミイラ』が伝えられてきた。見た目はまるで宇宙人。
酒造では、酒づくりにかかせない水をつかさどる
神として、大事にまつられている。



雷獣〜雷獣は雷が落ちたところから見つかるので
雷獣と呼ばれる。 新潟県寺泊町の西生寺
(さいしょうじ)には、雷獣の『ミイラ』がある。寺の
説明によると『木てん』という動物だそうで、これが
雷獣の正体だとされている。



九尾の狐〜九尾の狐は恐ろしい毒気をはく妖怪。
中国から日本に渡って来て姫に化けて、天皇に
近づいたが陰陽師に妖怪であることを見破られると、
正体をあらわし栃木県の那須野に逃げて、
『殺生石』となった。 現在、殺生石周辺は、
有毒ガスのため立ち入り禁止になっている。
つまり九尾の狐は今でも、石になり、毒気をはき、
生きている。




これなら、河童も・・・

くれぐれも悪酔いしないで、ね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4407082

この記事へのトラックバック

テレビアニメ
Excerpt: 関連記事を優良サイト様より引用 カテゴリー別に引用していますので、重複する場合があります。 関連記事で習得していますので、不適切な内容、不愉快な内容も御座います。 質問等は、各引用サイト様へお願..
Weblog: アニメ全集~テレビっ子~
Tracked: 2007-06-17 22:14