京の妖怪文化・・・・


妖怪を使った活性化に取り組む京都市上京区の大将軍商店街振興組合のスタッフらが、19−23日にロシアで開かれる「世界遺産都市機構会議」で、妖怪をテーマにポスター発表する。イベント開催などで妖怪の文化が現代にも継承されていることを商店街の活動を例に紹介する内容で、「妖怪は昔の世界観や価値観を現代に伝える文化遺産。それを受け継いでいる京都をアピールしたい」と意気込んでいる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000024-kyt-l26 より引用



妖怪文化?(笑)

妖怪って言うのが外国人にどう理解されるのか、興味深いですね。

しかし、妖怪まで観光に利用しちゃおう、って「古都」の底力って言うか人間のエネルギーの方が「妖怪」より凄いような・・・(笑)


このニュースきいたら鬼太郎はなんて言うかな?

それもちょっと興味深いです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4377615

この記事へのトラックバック