GW映画満足度 期待度ランキング予想を裏切ったのはウエンツ「鬼太郎」


ウエンツ瑛士主演の『ゲゲゲの鬼太郎』は期待度は8位だったが、満足度ではこれを大きく上回り2位。「感動的な場面があって、アニメ版よりも実写版の方が好き」「ねずみ男の動きに要注目!」など、アニメ版を上回るストーリー展開や、大泉洋などキャラクターに合ったキャスティングが高評価に繋がった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070511-00000000-pia-ent より引用


大泉洋のねずみ男、評価高いですね。

北海道のスターも今や完全に全国区、ですね。

大物俳優たちも楽しげにゲスト出演していて、CGのできと合わせて、なかなか楽しめる映画になっています。


それにしても、日本人は妖怪が好き?(笑)


「ゲゲゲの鬼太郎」は永遠のヒーロー(笑)かな。


だよね、

お化けは死な〜ない〜、だから(笑)

これは、やっばり「続編」も・・・、かも(笑)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3994016

この記事へのトラックバック