「ウエンツ鬼太郎」30億円超え見えた


 
WaTのウエンツ瑛士(21)が28日、都内で主演映画「ゲゲゲの鬼太郎」の初日舞台あいさつを行った。

 共演した子役の内田流果(8つ)が、撮影の思い出として、京都でウエンツ、井上真央(20)と焼き鳥を食べた話を披露。すかさず井上が「流果ちゃんが泣くシーンで、ウエンツさんがNGをいっぱい出したので、そのおわびだった」と暴露し、ウエンツは大慌てで、流果ちゃんに、ひたすら「ごめんね」と謝っていた。

 映画は、同じ水木しげる作品で05年夏に公開された「妖怪大戦争」と比べ、初日動員が1・5倍という好調な滑り出し。「妖怪-」が記録した20億を超える、興行収入30億円超えが見えてきた。
http://news.www.infoseek.co.jp/search/story/dailysports20070428032dal/%25A5%25A6%25A5%25A8%25A5%25F3%25A5%25C4%25B1%25CD%25BB%25CE/ より引用




5月8日時点で興行成績2位、のようです。
ゴールデンウィークの映画の中では好調のようです。

息子が札幌の劇場で4/28に見に行ったときは、
「ガラガラだったよ。」と言っていたので、どうなのかなと思っていたのですが、これはやっぱり興行収入30億円くらい行くんでしょうかね。

と言うことは、そのうち続編も、なんてことになるのかな。


息子はここのところ妖怪の話ばかりしています(笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3991489

この記事へのトラックバック