妖怪たち ざしきわらし特集Bざしきわらしの宿『緑風荘』


妖怪たち ざしきわらし特集Bざしきわらしの宿『緑風荘』

先日、ざしきわらしの宿『緑風荘』が全焼したという、残念な
ニュースがありました……。
今回はその緑風荘を特集解説します!


〔鬼太郎と行く 日本ぐるぅり妖怪めぐり(著・水木しげる)より〕

ざしきわらしがあらわれる旅館がある
 岩手県二戸市の金田一温泉には、緑風荘という旅館がある。
ここの奥の座敷には、昔からざしきわらしがすんでいるといわれている。
 ほかとは違って、緑風荘のざしきわらしは、その姿を見たり、いたずら
されたりすると、その人に幸運がおとずれるといわれている。
 ざしきわらしに幸運を分けてもらった人は今でも多く、奥座敷にはそ
のお礼のプレゼントが置かれている。


〔Wikipedia百科事典より抜粋〕
緑風荘は岩手県二戸市金田一の温泉郷にある旅館である。

日本を代表する座敷わらしの出没する宿として地位を保ち続けている。
座敷わらしの名前は亀麿(かめまろ)と呼ばれ、宿では物の怪と
してではなく先祖の守り神として同施設内に亀麿神社をつくり
祀っている。

「槐(えんじゅ)の間」だけでなく館内いたるところでの目撃例が多く、
新館の部屋にも姿を見せることもある。座敷わらしの方から人を
選ぶといわれ、必ずしも「槐の間」に出現するわけではない。

緑風荘と何らかの接点を持つとオーブ写真、ラップ現象、金縛りが
体感できると言われているがこれは科学的に立証されているもので
霊的なものとは関連性がないとされている。しかし「自宅で子供の
走る音が聞こえた」、「霊感のない人が突然座敷わらしの気配を枕元
に感じた」、「自宅にお供えしてある小鳥のおもちゃが勝手に鳴いた」、
「お腹をトントンと軽く叩かれたなど不思議な体験をした者が多く、
この不思議体験の多さが座敷わらしの宿として古来から人々を惹き
つける所以でもある。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32767986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2009/10/09 09:04)
Excerpt: 二戸市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
Weblog: ケノーベル エージェント
Tracked: 2009-10-09 09:05