「プチョン際漫画フェスティバル」て鬼太郎が鳥取県のPR


韓国・プチョン市で、23日から始まった韓国最大級のマンガ博覧会、「プチョン際漫画フェスティバル」に、日本の自治体としては唯一鳥取県が出展しています。

鳥取県は、「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんや「名探偵コナン」の青山剛昌さんなどの漫画家の出身地ということもありますし、境港市の「水木しげるロード」などマンガを生かした観光地作りが成果を上げつつあると言うこともあるのでしょう。

世界各国の漫画家などが集まる国際会議、「国際マンガサミット」を平成24年に誘致する活動も始めています。

会場では鬼太郎たちも(?)鳥取県の担当者と一緒に「水木しげるロード」などを紹介したパンフレットを配るなどして、鳥取県を一生懸命PR。

さて、これで韓国からもお客さんがどっと・・・かな?(笑)



「プチョン国際漫画フェスティバル」は、今月27日まで開かれ、およそ10万人が訪れると見込まれているそうです。



鳥取県の名産品、「鬼太郎」の他には?

美味しい物いっぱいあります!!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32380725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック