鬼太郎の立体映画やお化け屋敷 静岡市駿河区で妖怪フェス


鬼太郎の立体映画やお化け屋敷 静岡市駿河区で妖怪フェス

入場すると、約3メートルの骸骨(がいこつ)や、直径2メートルにも及ぶお化けちょうちんなど妖怪の大型フィギュア10体がお出迎え。漫画家水木しげるさんによる「妖怪道五十三次」と題した約30点のイラストも展示。奥に進むと、妖怪の変遷を示した展示や、ゲゲゲの鬼太郎の立体映画、飲食ブースもある。
中日新聞:鬼太郎の立体映画やお化け屋敷 静岡市駿河区で妖怪フェス:静岡(CHUNICHI Web)



そうかぁ、夏休みって、妖怪たちはかき入れ時、なんだ(笑)

水木プロも大忙しですねぇ(笑)


妖怪フェス:静岡 詳細は下記
妖怪フェスティバルinツインメッセ静岡


今年はテレビアニメも終わっているし、実写版映画公開もないので
鬼太郎人気も一服状態かなと思っていましたが、

どうしてどうして(笑)

あちこちのイベントで引っ張りだこ、ですね。

日本人はやっぱり「妖怪」が好きなのかなぁ?

鬼太郎グッズもいっぱいいっぱい


水木先生の黄金時代、まだまだ続きます。

めでたしめでたし。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31353068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック