DVD「夕凪の街桜の国 」  田中麗奈ちゃん、好演。


一冊のコミックがあります。

そんなに厚くはなく、

柔らかな線、淡い色彩、

なんだか、なつかしくなるような表紙の本です。

 

でも、このコミックは・・・



夕凪の街 桜の国


戦争が終わり、平和が戻り、10年、

人々の生活にも活気がよみがえり、みな生き生きと暮らしている。


そんな街に生きるごく普通の女性。

普通に仕事をして、普通に恋をして、


しかし彼女の後ろに口を開けているあまりにも暗く深い闇・・・

戦争の罪と残酷さ・・・、ただただ、ため息をつくしかない。



久しぶりに遊びに来た弟が、
「これ読んでみない?」と置いていった一冊のコミック。

このそんなに厚くもない本が私に残した物は強烈だった。

漫画をみて涙が止まらなくなるなんて、いままであったかな?



そのコミックが映画化され、DVDが出ています。
ぜひ一度、見て下さい。

日本人として忘れてはいけない、大事なことが・・・あります。


夕凪の街桜の国


猫娘、 田中麗奈ちゃん、好演。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19906877

この記事へのトラックバック