鳥取・境港市が「妖怪神社」商標登録を出願


鳥取・境港市が「妖怪神社」商標登録を出願


 「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家水木しげるさんの出身地・鳥取県境港市が、市内の民間観光施設「妖怪神社」の商標登録を特許庁に出願した。3年前に施設運営会社の元社長(59)が出願し、第三者に権利が渡る騒ぎがあり、市が「地元の観光シンボルの商標を守ろう」と判断した。登録は近く認められる見通しで、自治体が民間施設の商標権を持つのは異例という。

鳥取・境港市が「妖怪神社」商標登録を出願 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


第三者に権利が渡る云々は何とも人間社会の生臭さと言うか嫌らしさを感じてしまいますが、

(そう言えば、こんな記事も・・・
「妖怪神社」元社長を横領容疑で書類送検…鳥取・境港 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

妖怪達にはあまり人間の勝手な都合を押しつけないで欲しい物ですね。

妖怪に夢(?)を感じるかどうかは別として(笑)

子供たちの夢も壊さないで欲しい物です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16081597

この記事へのトラックバック