「子泣きじじい」の故郷、「後世に遺したい怪遺産」に


「子泣きじじい」の故郷、「後世に遺したい怪遺産」に



「子泣きじじい」など、約30種の妖怪の言い伝えがある三好市山城町が、妖怪ファンでつくる「世界妖怪協会」(水木しげる会長)から「後世に遺(のこ)したい怪遺産」に選ばれた。25日、まちづくりを進める住民グループ「山城大歩危妖怪村」(平田宇一会長)に登録認定証などが贈られ、妖怪にふんした住民らがパレードして祝った。怪遺産は水木さんの出身地・鳥取県境港市に次いで2か所目。
「怪遺産」に三好市山城町 妖怪協会が認定「子泣きじじい」発祥地 : 徳島 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20080525-OYT8T00681.htm

このパレードの写真、なかなかすごいですね(笑)

鬼太郎の不気味さは原作を超えてる感じです(爆)


「世界妖怪協会」、「後世に遺(のこ)したい怪遺産」、と言うのはどちらも初めて知りましたが、「子泣きじじい」の故郷で約30種の妖怪の言い伝えがある、と言う三好市山城町が選ばれたのはさすが。鳥取県境港市に次いで2か所目、言うことですから認定の基準も厳しいんでしょうね。

鬼太郎達は全国あちこちのまちおこしに大忙しですね。

地方が、妖怪であれなんであれ活気づくのは良いことなんでしょうが、

これ、日本人が皆妖怪化して行ってる、ってことじゃないよね。

まさか、ね・・・。

・・・(汗)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15379804

この記事へのトラックバック