「ゲゲゲの鬼太郎」のイラスト付き、「鬼太郎の砂丘らっきょう」


「これぞ鳥取」全面にアピール

JA鳥取いなば “偽物”と差別化

 JA鳥取いなば(鳥取市)は22日、「鬼太郎の砂丘らっきょう」3種類を26日から県内の土産物店などで発売すると発表した。 従来の甘酢漬けに加え、県産の二十世紀梨(なし)を使った梨酢漬けと北栄町特産の北条ワイン使用のワイン漬けを開発。漫画 「ゲゲゲの鬼太郎」のイラスト付きの紙箱入りで「観光客をターゲットに、県の名物に育てる」と意気込む。

鳥取 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

鳥取の名産がらっきょう、と言うのは知りませんでした。

なるほど。でここでも鬼太郎が活躍ですね。

二十世紀梨を使った梨酢漬けらっきょうと言うのとワイン漬けらっきょうは食べてみたいな。

どんな味なんだろ。

梨酢、と言うのも興味あります。

二十世紀梨を使った、「鬼太郎の砂丘らっきょう」。環境資源を徹底的に有効利用していますね(笑)

鳥取の妖怪王国化はますます進みます(笑)楽しいね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14356852

この記事へのトラックバック