夜叉ってこんな姿?「ゲゲゲの鬼太郎」で韓国スター、ソ・ジソブが演じる妖怪のイメージ


夜叉ってこんな姿?「ゲゲゲの鬼太郎」で韓国スター、ソ・ジソブが演じる妖怪のイメージ


 2007年に公開され、スマッシュヒットを記録した映画『ゲゲゲの鬼太郎』。その続編である映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 が7月12日に公開される。前作で鬼太郎を演じたウエンツ瑛士をはじめ、 大泉洋や田中麗奈など豪華俳優陣が前作に続き魅力ある妖怪を演じる一方、敵役である妖怪“夜叉(やしゃ)”を演じるのは、 何と韓国スター、ソ・ジソブだ。

 夜叉とは古代インド神話に登場する鬼神だが、水木しげるの漫画「ゲゲゲの鬼太郎」では頭髪だけの体の化物として描かれ、 宿主となる人間の頭部に髪の毛としてとりつき、その人間を操ってほかの人間の魂を食べるという妖怪。 そんなインパクト大な妖怪を演じるのが韓国テレビドラマ「ごめん、愛してる」でブレイクしたイケメン俳優、ソ・ジソブだ。
livedoor ニュース - 夜叉ってこんな姿?「ゲゲゲの鬼太郎」で韓国スター、ソ・ ジソブが演じる妖怪のイメージ  

かっこいい「夜叉」、になりそうですね。

いよいよ映画の完成が楽しみです。

ウェンツVSソ・ジソブ

胡弓(こきゅう)型の仕込みギター、ってどんなものでしょうね。

 

ともかく、

映画の完成が楽しみです、ね。

 

応援クリック、よろしく、ネbanner_03.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12517510

この記事へのトラックバック